新着情報

PULSAR PRO インプレッション 黒瀬 文也 選手(NESTO FACTORY RACING)

Coupe du Japonなど国内のマウンテンバイク競技で使用されるNESTOのフラッグシップマシンPULSAR PRO(パルサー プロ)」を、ホダカ株式会社のワークスチーム「NESTO FACTORY RACING(ネストファクトリーレーシング)」の詫間 啓耀選手、岡本 紘幸選手、黒瀬 文也選手の3名にインプレッションしていただきました。

第3回目は、学生時代は海外レースにも積極的に参戦し、2020年世界大学選手権MTB XCO日本代表にも選出される実力の持ち主である「黒瀬 文也(くろせ ふみや)」選手によるインプレッションをお届けします。

※製品の画像をクリックすると製品ページに遷移します。

 

バイクインプレッション「悪路でも力強い推進力」

まず前提として、マウンテンバイクはパーツの組み合わせにより様々なセッティングが可能だが、今回はXCレースに対応した速い動きに対応するためのセッティングにてインプレッションを行う。なお、バイクのセッティングに関しては当インプレッションの終盤に記載している。

さて本題のインプレッションだが、まず感じられるのはPULSAR PROのフレーム全体の剛性の高さだ。剛性の高さのおかげか、悪路でペダリングした時にも力強い推進力を感じられる。この力強い推進力はレースで心強く、自身のレースパフォーマンスの最大化に繋がっている。

また、剛性が高いだけではなく軽量性とのバランスにも優れており、コーナーやバンクなどのコーナリング性能も申し分ない。リアステーの反応も良く、後輪へしっかりと荷重がかかることでトラクションコントロールもしやすい良いバイクだ。

 

ボトルの取付位置は上下に変更できるので選択肢が広がる。ダブルボトルにも対応しているので長距離レースでも安心だ。

「Vittoria MEZCAL TLR 29×2.25」を入れても充分なクリアランスをがあり、マッドコンディションのレースでも泥詰まりを気にすることなくレースに集中できることもこのバイクのポイントのひとつだ。

 

お気に入りのデザイン

ブラックとホワイトの2色カラーリングは、私の住む北海道 鶴居村のタンチョウに似ていてすごく気に入っている。近くで見るとラメが入っていて綺麗なデザインだ。

表面はツヤありコーティングで、汚れが落ちやすくレース後の洗車も楽であることもマウンテンレーサーの私が気に入っているポイントの1つである。シンプルなデザインなので有彩色のパーツ類とも似合うことも見逃せない。

 

 

どんな人におすすめしたいか

フルサスペンションのフレームの中では手に取りやすい価格で、レースからトレイルライドまで幅広く扱える使いやすいバイクだと思う。また、NESTO FACTORY RACINGのチームの一員として全国各地の数々のレースに参加してきたが、これまでフレームに関する不具合は一度たりともなかった。

初めてのフルサスペンションでカーボンフレームに挑戦したい人や、ハードテイルのバイクからの乗り換えを考えてる人にはぜひおすすめだ。ぜひ、一緒にNESTO PULSAR PROでMTBレースに挑戦してみないか?

 

バイクセッティング

  • サイズ:Lサイズ(17.5inch)
  • Fサスペンション:FOX 34 SC FACTORY
  • リアユニット(Rサスペンション):FOX Float DPS FACTORY
  • ハンドルステム:P&P COMPONENTS ALCES(L:100mm/W:700mm)
  • ホイール:P&P COMPONENTS WH-C1600M
  • タイヤ(前後):Vittoria MEZCAL TLR 29×2.25 1.3bar
  • ブレーキ:MAGURA MT8SL
  • ブレーキパッド(前後):Vesrah Cross-Country

    ※このバイクセッティングおよび当インプレッションの画像は2023年シーズンのものです。
    2024年シーズンでは、
  • Fサスペンション:SR SUNTOUR AXON-WERX34 BOOST
  • リアユニット(Rサスペンション):SR SUNTOUR EDGE PLUS R 2CR TRUNNION
    を使用しています。

セッティングのこだわり

タイヤ(Vittoria MEZCAL TLR 29×2.25)空気圧は、使っているパーツのセレクトと合わせて1.3バールを基準に上下に変更している。ハンドル(P&P COMPONENTS ALCES)については、私は上半身が大きいが操作性を重視しあえて700mmに絞っている。

ブレーキは、MAGURA MT8SLを2023シーズンから使用している。このブレーキのおかげか不意のタイヤロックはほとんどなくなった。握った分だけしっかりと効き、初心者でもコントロールしやすいブレーキだ。また、カーボンレバーの形状がとても指なじみが良く、指からブレーキが抜けにくくトレイル走行する方にはぜひおすすめしたいパーツだ。
ブレーキの制動力を上げたい時には、VesrahのブレーキパッドをCross-countryからDHに変更したり、TRIALとDHのミックスを使用したりしている。
 

サドルには、P&P COMPONENTSのZELOSを好んで使用している。

ホイールについては、P&P COMPONENTSのWH-C1600Mを使用しており、スポークテンションは高めにセッティングしている。このホイールも数々のレースで使用しているが現在までトラブルはなく、練習からレースまで幅広く使える良いホイールだ。

 

 

製品情報

ライダープロフィール

黒瀬 文也(くろせ ふみや):選手

北海道砂川市出身、26歳

学生時代は海外レースにも積極的に参戦し、2020年世界大学選手権MTB XCO日本代表にも選出される実力の持ち主。現在は北海道で仕事をしつつ全国のレースを転戦している。また、道内での自転車普及活動にも力を入れている。

2023年MTB XC男子エリートクラスナショナルランキング26位、CJシリーズランキング26位。

 

NESTO FACTORY RACING

NESTO FACTORY RACING(ネストファクトリーレーシング)」は、総合自転車メーカーホダカ株式会社のワークスチーム。Coupe du Japonシリーズを始めとしたマウンテンバイククロスカントリーおよびシクロクロスの国内レースに参戦。

NESTO FACTORY RACINGは、「自らが経験したオフロードバイクの楽しさを発信し、競技およびホビー層を含めた市場の活性化を目指す」を理念に活動する、当社社員と外部選手で構成される。製品について選手が感じた意見を速やかに開発にフィードバックする環境を整えることで、従来以上に日本の使用環境に適した機材開発につなげる。「人」と「機材」の両面で日本のオフロードバイク市場の活性化を目指す。